読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨーコの最強なブログ

毎日の出来事を中心に書くことが目標です。

暖かくなりはじめると、気になる臭い・・・。

体臭

3月ももうすぐ終わりを迎える。

子供達ももう直すぐ修了式だ。

子供の学校での1年間が終了。そして4月からは新学期だ。

1年が無事に終わって、そして新しくはじまる新学年に胸をときめかせる時期だ。

そして桜も咲く。

一昨日だっけ、東京?ではすでに開花したという情報を聞いたようは気がする。

そうだよね。今日は3月23日だし、そろそろ早い所では咲き始めるころかな。

先週、近くの公園に行った時、桜並木のつぼみ達は結構大きくふくらんでいた。開花も近いなと思った。

まだ寒い日はあるものの、三寒四温というやつだろうか。寒くなったり、暖かくなったりを繰り返している。

犬の散歩に出かける早朝と夕方は、確実に暖かくなってきている。

もう春は目の前だ。

暖かくなるのは、とてもありがたいことだけど、同時にちょっと不安になることもある。

それは臭い。

大変恥ずかしことだけど、実は私はワキガ臭のような臭いが乳首からでている。

寒い時期は比較的気にはならないんだけど、暖かくなりだすと気になってくるのだ。

自分ではあまり気にならないんだけど、周囲は気づくみたい。

はじめて忠告されたのも、友人からだった。

それまでは全く気がつかなかったけど、友人に言われてから、服を脱いで、ブラをとったあと臭ってみたら少し汗臭いような匂いを感じだ。

それからというものは、胸の汗臭さとの戦いだった。

通学の満員電車や部活での着替え。

周りに気づかれるのでは!という心配がいつも頭の中を支配していた。

もちろん消臭系のスプレー、デオドラント系のものは使ってはいたけど長時間効かない。

特に暑い夏の時期は、本当に気を使っていた。

一番怖かったのは、付き合っていた彼に気づかれたらどうしよう!っていうこと。

結婚するまでには、多くはないけれど何人かの男性とはおつきあいはしたけれど、唯一ひとりだけ「何かちょっと臭わない?」と言われただけで他の人からは言われなかった。

でも今から考えると、みんな気づいていて言わなかっただけかもしれない。

みんな優しかったから。

今年もそんなことが気になる季節がはじまるというわけだ。

何か新しい対策方法でも考えようと思い、先日ネットでいろいろ調べてみた。

乳首臭い・・・で検索していて、とあるブログのようなものに出会った。

その作者も私と同じ悩みを持つ人だった。

そんな彼女が巡り合った消臭クリームのことが書かれていた。

そうか、クリームだったらいいかもしれないけれど、ちょっと金額が高い商品だった、

だけど、使用した人からの評判も良さそうだ。

ちょっと検討してみようと思った。

本格的に必要を感じるのはゴールデンウィークの頃からだからもう少し時間はある。

さあ、ナーバスになる季節がはじまる。

私がみたサイトはこれです。

http://sevenstar-tr.com/

 

がんばれ侍ジャパン!

侍ジャパン

春が、確実に近づいている。

寒い日もあるけど、ちょっと違う。

なんて言うのか、雰囲気を感じると言うか、匂いを感じると言うか。

部屋の中でも、寒いと思って暖房をつけてもすぐに温まるので、長時間ストーブをオンにしていることはなくなった。

というか、むしろ暖房をつけていない時間の方が長くなったと言った方がいいのかもしれない。

一年の中でいちばん好きな季節は?と聞かれたら大半の人が「春」と答えるだろう。

そんな楽しみな春が近づいている中、侍ジャパンの戦いが熱い、熱い。

一昨日のオランダ戦は正に「手に汗を握る」戦いだった。

見ている側をテレビに釘付けにする試合だった。

こんなにスポーツ観戦に引き込まれるのは、オリンピック以外ではあまりないことではないだろうか。

野球好きの子供たちも一生懸命応援していたけれど、10時くらいで眠るに落ちて行った。

日本全国の人が固唾を飲んで見守っていたことだろう。

延長の11回は、タイブレーク方式がとられていたけれど、あのシーンは初めて見た。

中学生の野球などは、延長戦ではそのような形式がとられているようだけど、世界的な大会でもノーアウト1、2塁からスタートするのか。

かなりスリリングな方法だ。

見ている側は面白いけれど、実際にプレイしている選手たちはたまったもんじゃないだろうな。

ある意味PK戦に近いものを感じた。

初めて見るけど、なんとなく後攻の方が有利では?と思っていたけど中田の一打で決着した。

いやー本当に興奮した。

そして今夜はキューバだ。

先日はやや打ち合いの様相だったけど、今日はどうだろう。

簡単な相手ではないことは間違いないし、先日の雪辱を期してキューバは戦うだろう。

そう言う意味ではとても難しい試合になるのだろう。

でも日本中が応援しているぞ!がんばれ侍ジャパン

 

トイレに世界地図を貼ろう!

子供は大きな病気をすることもなく、順調に成長していると思っている。

学校もほとんど休むこともない。

ただ勉強の方は、親としては正直に言って納得はできていいない。

健康なことが一番なので、まあいいかと思って過ごしてきた。

しかし、中学になった長男の一般常識のレベルが最近きになっている。

自分が中学のときのことを思い返しても、「それくらいは知っていたぞ。」と思うことが多いのだ。

勉強の成績がまずまずなら、「そんなもんか」と流してしまうところだけど、成績はビリから数えた方が早いくらいの順位なので、せめて中学生並みの一般常識くらいは身につけてほしいと思っている。

身近なところで、地理的な一般常識をなんとかしようと考えて、世界地図をトイレに貼ってみた。

よく、何かの格言めいた台詞で「トイレに世界地図を貼ろう」というのがある。

まあそれを思い出してやって見たわけだ。

余分に買ってお風呂にも貼ってみた。

まだ効果の方はわからないけど、小学生の次男にはその効果がでてきたみたい。

お風呂に入りながら世界地図を見て、いろんな感想を言うのだ。

「中国は大きい」「でも一番大きいのはロシアだね」「アメリカは遠いね」「野球のつよい国は北アメリカと南アメリカの間にあるね」とか世界をテーマにしたことを話すようになった。

これは結構今後の学習にも役立つだろうと思っている。

もっと前からやっておけばよかたんだな、とも思っている。

「トイレに世界地図をはろう!」と言った人はエライな。

考えてみれば、私たちが小さい頃はまだゲームなんて主流じゃなくて、男の子たちの人気は地球儀だったように記憶している。

地球儀をくるくる回しながら、世界を旅していたわけだ。

今の子たちで地球儀を欲しがる子はいるのだろうか。

少なくても我が家の息子たちにそれはなかった。

欲しがるのはゲームの端末とソフトばかりだった。

ゲームはもちろん悪いことばかりではないけれど、子供のライフスタイル、コミュニケーションの変化がこんなことにも影響しているのかもしれないな。

そんなことを思う今日この頃。

熱いお風呂も寒い日には良い

お風呂

暦の上でがすでに春だというのに、立春が過ぎたくらいから超寒くなってきている気がするんだけど。

気がする、じゃなくて実際に気温も下げっていてめっちゃ冷えてる。

毎日天気予報はみているけど、去年ってこんなに寒かったっけ?

普段はジーンズがメインだけど、ジーンズだけだと寒いんだよな、足が。

去年はそんなことなかったのに。

特に夕方からの冷え込みがすごいのだ。

だから買い物もなるべく早めに済ませうようにしている今日この頃なのだ。

冷え込みが厳しいせいなのか、お風呂がぬるい。

追い焚き機能がない我が家のお風呂は、ガスの温度設定をしてお湯をためるだけ。

いつもの温度設定だとぬるいのだ。

仕方がないから温度設定を通常よりも上げてお湯をためているんだけど、今まではこんなことがなかったはずなのだ。

もしかしたら給湯器が寿命ということかもしれない。

給湯器を新しく変えたら20万近くかかるんじゃなかったかな。

ちょっと恐ろしい出費になったしまう。

それは避けたい。しかし本当にそうなら新しくするしかない。

でももったいない。年末からいろんな大きな出費が続いていた。

春までは無駄遣いをしないようにしているところだったのに・・・。

だけど、風呂へ入れなくなるのも大きな問題。

もう少し様子を見るとしよう。

昨日はちょっと温度を上げ過ぎたみたいで、熱いお風呂になった。

子供達もあまりにの熱さに絶叫を上げていた。

どれどれそんなに熱いのかと思いって入って見たけど確かに熱かった。

熱めの温泉に入ったようなかんじだった。

だけど体のあたたまり具合はとても良くて夜中も体がポカポカしていた。

風呂の温度は自分だけどは決められないけど、熱めのお風呂もいいなと思った次第。

今年はキッチンをきちんと綺麗にする

キッチン

1月もすでに後半だ。

年末に大掃除を怠った我が家は、年明けからの週末は部分部分の大掃除をしている。

今週末は窓だけ、とか、今週末は子供部屋の一部とか。

今週は風呂だけとか。

そんな感じでプチ大掃除をしている。

考えてみれば、こんな感じで毎週末に少しずつローテーションで掃除をしていけば大掃除は必要ないということになるのかな?

なんかすごく大きな発見をしてしまったみたいだ。

私が一番気になるところはキッチン。

厨房は料理人の心を移す鏡・・・というようなことを聞いたような気がするけど、やっぱりキッチンは綺麗にしておかなければならないと、常々思っていた。

そう、思っているだけで実行はしていなかったんだけど。

キッチン周りこそ、日々のケアが大事だろう。

特に油を使った炒め物のあとは、かなり汚れる。その汚れはその日のうちに綺麗にするのが理想。

だけどそれをやっていない。

一年の計は元旦にあるけれど、すでに3週間くらいが過ぎてしまっている。

いまさらかもしれないけれど、今年はキッチンの掃除を毎日は無理だけど、1週間の間で2回はすることに決めた。

そして早速100円ショップで掃除グッズを購入。

キッチン周り用のシートを早速使ってみた。しかし、汚れがこびりついていて全くといっていいくらい汚れが落ちません。

ちょっと熱湯をかけたら綺麗になりはじめた。

やっぱり溜まっていたのねえ、油のひつこい汚れ君。

毎日の手入れが大事だということを再認識してわけです。

三日ぼうず的にならないように継続していきたい。

綺麗なキッチンだと料理もおいしくできそうだし。

その前に料理の腕だわな。

2017年こそ世界の協調

世界平和

 

いよいよ新しい年がスタートした。

今年はどんな年になるのだろうか。

基本的には自分がどうしたいか、どうなりたいか。

そしてそれに向かってどう動くか、努力するか次第なんだけど。

一年の計は元旦にあり。去年の反省を踏まえて今年の目標を考えてみたいと思っている。

朝起きたらいきなり嫌なニュースが飛び込んできた。

トルコのイスタンブールのナイトクラブが襲撃されて、かなりの数の死傷者が出ているみたいだ。

去年の動きから推測すると、なんとなくテロのような感じがするけれど今のところ詳細はわかっていないみたい。

こんなニュースが新年早々に流れてくると、少し暗い気持ちになってしまう。世界が平和で安心して過ごせるようになってほしい。

戦争のない世界を作ってほしい。世界中の指導者たちはそれを目標に動いてほしいものだ。

世界の平和は理想なのかもしれないけれど、それに向かって協調していくことが指導者たちの役割ではないだろうか。

簡単なことではないのかもしれない。だけど、戦争によって奪われる命の尊さを重視して考えてほしい。

私の思っていることは単なる理想論だろうか。国としての私利私欲に走らないことがまず第一条件だと思う。

でもこれが一番の争い事の問題なのかもしれない。

やっぱり「協調」が世界のテーマなんだろうか。

すごく簡単にも思えるし、とても難しいようにも思える。

だけれども、そもそも人間は協調しあって行かないと生きていけないのではないだろうか。

戦争の歴史は振り返ってみて人間の英知として学び、未来の協調への道標にしてほしい。

なんだか元旦から重たいことを書いてしまった。

昨晩夜更かしをした家族たちは、まだ全員が揃っていない。

もういい加減に起こすことにしよう。

そして家族が平和で健康で一年を過ごせるように乾杯をしよう。

 

 

 

スマップファンではないけれど

スマップ

2016年は、芸能界にとって話題に欠かない年だったのではないだろうか。

もちろん芸能ネタは尽きることがないくらい日常茶飯事だけど、メガトン級の話題が1年を通して起きていたことはここ何年かではなかったと思う。

2016年のスタートがそんな芸能ネタではじまって、その芸能ネタで終わろうとしている。

ベッキーと川谷君の話題も一年を通して話題になっている感じはあるけれど、それよりはやっぱりスマップでしょう。

スマップが解散を発表した時は臨時のニューステロップが流れるという、異例の報道もあった。

いかにスマップが国民に親しまれているグループなのかということだ。

安倍総理もスマップの解散について言及していた。

一国の総理大臣が芸能界の人気アイドルグループに対しての発言なんて、そうそうあるはずがない。

このスマップの解散は、昔のイギリスにおけるビートルズの解散くらいのインパクトがあったということだろう。

私自身は特別にファンというわけではない。

たまにスマスマは見ることはあるけれど、誰のファンというわけでもなく普通にバラエティ番組を見る感覚で見ている。

スマップの解散の要因の一つは、聞くところによると香取君が一番抜けたがているらしい。

どうやら木村君たちとの間にストレスがあるみたい。

その気持ちはものすごくよくわかる。

たぶん同じ空気を吸っていることすら嫌なんだろうな、と想像する。

声も掛けられたくないし、当然話さえしたくないような気持ちなんだろう。

今度のスマスマの最終回はフジテレビの制作側の意向としては生出演で締めくくりたいということらしい。

しかし、ここに来てその企画が暗礁に乗り上げているみたい。

香取君がそのオファーに対して返事がないようだ。

もし、私が想像したようなストレスでもうメンバーと顔を合わせたくないという理由ならば、これが最後なんだし、制作プロデューサーも大人の人間なんだから、そんな大人が頭を下げているわけだし、ましてや何十万人、何百万人の日本のスマップファンが期待しているのだから、ここは一つ大人の対応を見せてほしいと思う。

NHK紅白歌合戦は置いておいて、もう一度我慢すれば終わりなんだから。

香取君もスマップで一番年下と言っても、もう40歳を迎えるわけだ。事の分別は十分にできる年齢だし、私はスマップファンではないけれど、ここはファン重視の対応をしてほしいな。